東電、処理水の沖合放出計画を公表 今年度中に工事開始

有料会員記事

藤波優、新田哲史
[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出をめぐり、東電は25日、原発の沖合約1キロに海底トンネルを通して放出する計画を公表した。風評被害について放出前から適切に賠償する方針も示したが、漁業関係者や地元住民らの不信感は強い。

 東電の経営陣がこの日会見し、計画などを説明した。東電は海底に直径約2・5メートルのトンネルを掘って沖合に流す方法や、従来の設備を使って沿岸に流す方法などを検討していた。

 沿岸案は取水口と放水口が近くなるため、流した処理水を再び取り込んでしまう可能性があることなどから見送った。沖合案は国内外で実績があり、より拡散しやすいなどの理由から採用した。国内では、使用済み燃料を再処理する日本原燃六ケ所再処理工場青森県)でも、放射性物質を含む廃液を沖合3キロの海中に放出しているなどの例がある。

 トンネルは岩盤を貫くため、東電は来月にも海底の状況調査に着手し、今年度中にも工事を始める。放出開始時期と見込む2023年春までの完了をめざす。工事費は未定だ。設備設計などをまとめた計画を原子力規制委員会に申請し、認可を受ける。

 福島第一では、溶け落ちた核…

この記事は有料会員記事です。残り367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。