神戸国際大付、4番で主将がサヨナラ打 HRなど4安打

佐藤祐生
[PR]

(25日、高校野球選手権大会 神戸国際大付6-5長崎商)

 打てば勝利の立役者になり、アウトになれば最後の夏が終わる。

 1点を追う十回2死二、三塁。そんな場面でも、神戸国際大付の4番西川侑志(ゆうじ)は「ここで打ったら逆転や。甲子園だし、思い切りいこう」と緊張はなかった。

 マウンドには相手のエース。でも、長崎商・城戸悠希(はるき)は先発した後に右翼に入り、登板は2回目だった。

 「先発の時と球の切れが違う。甘い真っすぐを狙って打て」という青木尚龍(よしろう)監督の指示を信じ、初球の速球をフルスイング。打球は左前に転がり、逆転サヨナラ打となった。

 今春の選抜大会2回戦。仙台育英に5―13と大差で敗れた。「夏は絶対勝ってやる」。悔しさを胸に、ボールを長く見極めるため、すり足で打つフォームに変更。日々、満足するまでバットを振り込んだ。

 1回戦の北海(南北海道)戦、2回戦の高川学園(山口)戦は調子が出ず、2試合で7打数1安打だった。そこから一転、この日は第1打席の本塁打を皮切りに、5打数で4安打、3打点と大暴れ。ようやく努力が実を結び、「必死こいてやってきた結果が勝ちにつながった。歴史を刻めてうれしい」。主将も務める努力家がチームを初の8強に導いた。(佐藤祐生)