2連続完封の盛岡大付エース、初の劣勢 敗戦でも涙なし

[PR]

(25日、高校野球選手権大会 近江7-4盛岡大付)

 盛岡大付のエース渡辺翔真の登場は予定より早かった。三回、3点目を奪われ、なお1死一、二塁。「準備はできていた。俺が流れを切って攻撃につなげよう」。ここは左飛、遊ゴロで切り抜けた。

 右腕は1、2回戦を連続完封した。負担を減らすため、関口清治監督が立てたプランは、「ほかの投手で5回を3失点以内に抑えて渡辺に渡す」というもの。

 序盤の失点で崩れた。甲子園で初めての追う展開に、「抑えてやろうという気持ちと冷静さのバランスがうまくとれなかった」と渡辺。球が真ん中に集まり六回以降に4点を追加された。

 力負けにも涙はなかった。「ここまでいい投球ができたのは、打って守ってくれる仲間がいる安心感があったから。ありがとうと伝えたい」