「無着陸フライト」活況 韓国航空業界、コロナでも黒字

有料会員記事

ソウル=神谷毅
写真・図版
[PR]

 コロナ禍の打撃を和らげようと、韓国の航空会社があの手この手を繰り出し、黒字を確保している。海外旅行のように免税品を買える「無着陸フライト」や航空貨物への大胆なシフトだ。意思決定の速さなど、韓国企業のガバナンス(企業統治)の特徴が出ているとの指摘もある。(ソウル=神谷毅)

かみや・たけし 1972年生まれ。経済部、GLOBE編集部などを経てソウル支局長。コロナ下で飛行機に乗ったのは韓国での地方出張2回だけ。

 ソウルの玄関口、仁川国際空港を私が訪れたのは7月末のこと。新型コロナウイルスの流行が始まる前の2019年10月以来だった。現場はここまでの状況とは思わなかった。

 夏休みシーズンで、本来なら人と送迎の車でごった返しているはずだが、ターミナルに面した道路では車が数分に一度通るかどうかだ。空港バスの姿もない。ガードレールには空港労働者の「解雇反対」の垂れ幕がいくつもあった。

 2階の出発ロビーに向かった。静かだ。静かすぎる。搭乗手続きなどの案内放送がないからと分かった。代わりにロビーの大きな空間には改装工事で使う重機の音が響き渡る。

写真・図版
人影がほとんどみられない仁川国際空港の出発ロビー=2021年7月31日、韓国・仁川、神谷毅撮影

 現実感の乏しさに包まれていた私の目に飛び込んできたのが、子供連れの家族やカップル、老夫婦らの姿だった。韓国アシアナ航空のカウンターに向かっている。案内板には「無着陸フライト」とあった。

 韓国国土交通省によると、コ…

この記事は有料会員記事です。残り2625文字有料会員になると続きをお読みいただけます。