3千円の過徴収、30万円かけて返還 犬山ユース利用料

小林圭
[PR]

 愛知県指定管理者制度を導入している犬山国際ユースホステル(犬山市)で利用料金を過徴収したと、所管する県が25日、発表した。のべ2303人から計3303円を多く徴収した。過徴収分は銀行振り込みで返還するといい、そのために最大30万円程度かかる見込みだ。

 県によると2019年10月に消費増税のため利用料金を改定した際、条例で決められた上限額を最大8円上回っていたという。今年7月、利用料の調査をしていて誤りに気づいた。今月25日から正しい料金で運営している。

 今後対象者には文書を送り、謝罪する。問い合わせは同ユースホステル(0568・61・1111)。(小林圭)