米副大統領、ベトナム初訪問 「共通の敵」中国に対抗

有料記事

ワシントン=園田耕司、ハノイ=宋光祐
[PR]

 東南アジアを歴訪中のハリス米副大統領は25日、ベトナムの首都ハノイでフック国家主席らと会談し、南シナ海問題で中国と対抗し続けることを約束した。米国とベトナムはかつて戦火を交えた敵国だったが、近年は対中国を念頭に関係を深めている。ただベトナム側には、米中対立に巻き込まれることへの警戒心もある。

 会談でハリス氏は、ベトナムとの関係を「戦略的友好関係」と指摘。中国とベトナムなどが領有権を争っている南シナ海で「米海軍は強いプレゼンスを維持する」と明言し、中国の行き過ぎた海洋権益の主張に対抗し続けるとした。

 ハリス氏は会談後、ハノイに新設された米疾病対策センター(CDC)の東南アジア地域オフィスの開所式に出席した。

 ベトナム戦争を戦った両国は…

この記事は有料記事です。残り714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。