(特派員メモ)母国の行く末案じて @ニューヨーク

有料会員記事

藤原学思
[PR]

 8月20日金曜日。アフガニスタンがイスラム主義勢力タリバンに権力を握られてから初の集団礼拝日。同国出身者の声を聞こうと、ニューヨークのアフガンコミュニティーにあるモスク(礼拝所)を訪れた。

 マクドナルドの隣の建物に入るモスクは2階建て。周辺の道路は渋滞し、公道にはみ出るほどにじゅうたんが引かれ、イスラム教徒が続々と集まってきた。

 「アフガニスタンは非常に困難な時にあります。ただ、明けない夜はありません」

 礼拝の導師が英語とアラビア…

この記事は有料会員記事です。残り271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載特派員メモ

この連載の一覧を見る