岐阜に3度目緊急事態 結婚式の短時間開催働きかけなど

新型コロナウイルス

松永佳伸、高木文子
[PR]

 新型コロナウイルス感染急拡大を受けて岐阜県に3度目となる緊急事態宣言が出ることが決まり、県は25日、酒類やカラオケ設備を提供する飲食店への休業要請などの対策を打ち出した。事業者には、人との接触を減らすため時差出勤や、夜間の人流を減らすために午後8時以降の勤務の抑制などを求める。

 現在の「まん延防止等重点措置」からの変更点は、飲食店などへの営業時間短縮要請を、岐阜や大垣などの15市町から県全域に拡大。酒類やカラオケ設備を提供する飲食店などには休業を要請する。飲食業の許可を受けていないカラオケ店も対象に含む。結婚式場では、できるだけ短時間、少人数の開催を働きかける。ショッピングセンターなどの大規模商業施設への時短要請も県全域に拡大する。

 県内の病床使用率は24日現在で60・9%で、「第4波」のピーク時(73・5%)に迫る。宿泊療養施設で受け入れできずに自宅で療養する無症状・軽症の患者も339人に達した。

 25日の県の対策本部員会議で、県病院協会の冨田栄一会長は「入院病室は中等症以上の方に限定し、命を救う視点で対応したい」と話し、救急車や救急外来を慎重に利用するよう、県民に理解を求めた。(松永佳伸、高木文子)

緊急事態措置区域への指定に伴う新たな取り組み

【事業者への要請】

・時差出勤、自転車出勤などの推進

・午後8時以降の勤務の抑制

・屋外照明の夜間消灯(防犯対策は除く)

【飲食店への要請】

・営業時間の短縮を15市町から県内全域へ拡大

・酒類、カラオケ設備を提供する飲食店などへの休業要請

・要請に従わない場合の過料は最大30万円へ引き上げ

結婚式場はできるだけ短時間、少人数での開催働きかけ

【大規模施設への要請】

・時短営業を15市町から県内全域へ拡大

感染対策を監視し、健康状態を確認する責任者「ぎふコロナガード」を指定し、役割の明確化

・感染予防策の全従業員への教育と現場点検

・従業員の休憩スペースでの飲食などの感染対策の徹底

【県有施設とイベントの見直し】

・県有施設の原則休館または新規予約の停止を県内全域へ拡大、市町村も同様の取り組みを要請

・民間イベントの収容率は一律50%以内

     ◇

 古田肇知事の会見での主なやりとりは、次の通り。

 ――妊婦へのワクチン接種の見通しは。

 全市町村に対して、(24日付で)希望する妊娠中の方、配偶者やご家族も含め、積極的な取り組みをお願いした。一両日中に、ほぼ一斉に対応されるのではないか。

 ――感染の中心が若者になっている。

 人流を減らすことが感染を抑え込む道。なかでも飲食をきっかけとする感染が非常に多い。若い方の自重をくれぐれもお願いしたい。何度くりかえしても言い過ぎることはない。

 ――夏休みが終わるが、子どもの感染が増えている。

 家庭、学校での感染対策について、いろいろな方と議論して県のガイドラインを出している。これをしっかりと続けていただきたい。

 ――中学生や高校生に対するワクチンの優先接種について、どう考えるか。

 残念ながら、このところワクチンの供給が減ってきている。次は60~64歳や、重症化の心配がある50代、妊婦の方、エッセンシャルワーカーや疾患をお持ちの方を優先すべきだという議論もある。

 ただ、若者の(感染の)ウェートが高いので、そのためにもワクチンの供給量を増やす方向でこの先のスケジュールを出してもらいたいと、国に繰り返し申し上げている。

 ――夏休み明けの小中学校は、オンライン授業から対面などばらつきがある。

 まずは緊急事態宣言下にあるという危機感を教育界と共有して、具体的な対応は現場に任せる。県内42市町村のうち24市町村で、小中学校でもオンライン授業をやると聞いている。

 ――自宅療養者の支援について、課題は。

 今は、特に大きな課題はない。ただ、療養者がどんどん増え、支援チームを増員して49人態勢にした。できるだけマンパワーを用意してやっていきたい。

     ◇

 岐阜県岐阜市は25日、0歳から100歳以上の382人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者は24日の過去最多と並び、300人を上回るのは2日連続。県内の感染者は延べ1万3667人となった。

 年齢別では、10代以下が97人、20代が102人(39・1%)、30代が62人となり、30代以下が全体の3分の2以上を占めている。

 県は新たに7件のクラスター(感染者集団)を認定した。大垣市では老人保健施設で職員1人とその家族1人、利用者5人の陽性が判明した。また、各務原市の高齢者福祉施設では職員2人と短期入所者3人の感染が確認された。

    ◇

 25日に発表された居住地別の感染者数は次の通り。

 岐阜市90▽大垣市52▽各務原市34▽中津川市17▽岐南町17▽瑞穂市16▽関市14▽多治見市11▽可児市11▽美濃加茂市10▽瑞浪市9▽養老町9▽羽島市8▽笠松町8▽高山市6▽海津市6▽垂井町6▽土岐市5▽下呂市5▽坂祝町5▽池田町5▽本巣市4▽山県市3▽恵那市3▽安八町3▽揖斐川町3▽北方町3▽飛驒市2▽御嵩町2▽富加町2▽大野町2▽輪之内町2▽美濃市1▽郡上市1▽川辺町1▽関ケ原町1▽八百津町1▽愛知県3、福井県1(いずれも岐阜県で検査)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]