電動車いすの女性、特急にはねられ死亡 香川の踏切

[PR]

 26日午前6時50分ごろ、香川県観音寺市大野原町花稲のJR予讃線の踏切で、電動車いすの女性が高松発松山行きの特急「いしづち103号」(5両)にはねられ、その場で死亡が確認された。県警は目撃情報などから、踏切内に入った女性の車いすが動かなくなり逃げ遅れた可能性があるとみて、詳しい事故原因を調べている。

 観音寺署などによると、死亡したのは、近くに住む無職石川フサ子さん(75)。現場はJR観音寺駅の南約3・8キロにある単線で、踏切の遮断機と警報機は正常に作動していた。列車の男性運転士は「急ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。乗客と乗員計27人にけがはなかった。