杉田官房副長官が退院 午後から復帰へ

[PR]

 検査入院していた官僚トップの杉田和博官房副長官(80)が26日、退院したことがわかった。同日午後から復帰するという。

 関係者によると、杉田氏は8月中旬から発熱を繰り返すなどして体調不良を訴え、19日に検査入院。新型コロナウイルスのPCR検査は陰性だったという。25日夜の菅義偉首相の記者会見も欠席していた。

 杉田氏は2012年12月に第2次安倍政権の発足で官房副長官に起用された。先月25日に在職日数が3134日(約8年7カ月)となり、村山~小泉内閣で副長官を務めた古川貞二郎氏を抜いて歴代最長となっている。