自民党総裁選、来月29日に 複数候補が立候補、論戦へ

自民

[PR]

 自民党の総裁選挙管理委員会は26日午前、菅義偉首相の党総裁任期満了に伴う総裁選の日程について協議し、9月17日告示、同29日投開票とすることを決めた。26日午後の総務会に諮り、最終決定する。複数の候補が政策論争をする展開となりそうだ。

 総裁選には、菅氏が「出馬するというのは、時期がくれば当然のことだ」と述べているほか、岸田文雄政調会長が立候補の意向を固めており、同日午後にも立候補を表明する見通しだ。高市早苗総務相下村博文政調会長も意欲を示している。

 総裁選をめぐっては、昨年9月の総裁選で菅政権の誕生を主導した二階俊博幹事長や森山裕国対委員長が菅氏の再選支持を表明しているほか、現状では最大派閥細田派の出身の安倍晋三前首相や第2派閥の麻生太郎副総理兼財務相が菅氏を支持する考えを示している。

 ただ、党内では内閣支持率の低迷や首相のおひざ元である横浜市長選での敗戦を受け、「衆院選は菅首相では戦えない」との声が若手を中心に強まっており、今後の情勢は流動的だ。