長期政権のつもりない?首相面会の田原氏説明、後に訂正

[PR]

 菅義偉首相は26日、首相官邸でジャーナリスト田原総一朗氏と面会した。面会後、記者団の取材に応じた田原氏によると、首相は新型コロナウイルスの感染拡大に言及し、「これを抑え込むのが自分の責任で、政治生命をかけて頑張りたい」などと語ったという。

 そのうえで田原氏は、首相が「総理大臣を長くやるつもりはない」と述べたとも説明。「総理にしがみつきたいなんて気はなく、辞めるのは無責任きわまりない。ここは頑張るんだと、こう言っているわけ」とした。

 ところが、直後に田原氏の事務所が、「『総理を長く続けるつもりはない』と総理が言ったと発言したが、実際は総理は言っていない」などとして、田原氏の言葉だったと訂正した。

 9月30日の党総裁任期満了に伴う総裁選をめぐって、首相はこれまで「出馬するというのは、時期がくれば当然のことだ」と立候補する意欲を示している。