「優勝は届く位置に」 敦賀気比の救援投手、祈った九回

[PR]

(26日、高校野球選手権大会 京都国際3-2敦賀気比)

 「抜けないでくれ」。2―2の九回、敦賀気比は1死二塁のピンチ。この回、先頭に中前安打を許し、降板していた吉崎空の思いとは裏腹に高く弾んだ打球は一塁手の頭を越え、右前へ。返球を焦った右翼手がはじく間にサヨナラの走者が本塁に滑り込んだ。

 吉崎はエース本田克とともにチームを支えてきた右腕だ。五回1死一、二塁のピンチで本田を救援し、無失点に抑えた。だが八回、長短打と死球で1死満塁を背負うと「力みすぎた」と押し出し四球。さらに一ゴロで同点にされた。

 九回は「もう一度、試合を作り直す」と気持ちを切り替えて臨んだマウンドだった。選抜優勝経験がある敦賀気比にとっては選手権優勝が明確な目標。吉崎は「優勝は手の届く位置にあったと思います」と苦い夏を振り返った。

     ◇

 敦賀気比の2年生の4番の上加世田(うえかせだ)頼希。3回戦の対三重戦では1安打に終わり、その悔しさをぶつけようと気合を入れて臨んだ。

 結果はチーム最多の3安打で、死球で出た八回には2点目のホームを踏んだ。が、サヨナラ負け。「もっと3年生と試合がしたかった。もう一緒にできないと思うと、めっちゃ悲しいです」と、涙があふれて止まらなかった。「来年絶対戻ってきて、3年生の借りを甲子園で返したい」と誓った。