野党 自民党総裁選前の臨時国会を要求 自民と会談

立憲

[PR]

 立憲民主党安住淳国会対策委員長は26日、国会内で自民党森山裕国対委員長と会談し、臨時国会を自民党総裁選前の9月7~16日に召集するよう求めた。新型コロナウイルス対策としての予備費を積み増すため、補正予算案を臨時国会で審議すべきだと主張している。これに対し、森山氏は政府与党で検討し、返答するとした。

 会談後、安住氏は記者団に「総裁選をやっても自宅で療養している方々を誰一人助けることはできない。国会を開けば、財源が枯渇しているところに手当てできる」と指摘した。

写真・図版
自民党の森山裕国会対策委員長との会談を終え、記者団の取材に応じる立憲民主党の安住淳国対委員長=2021年8月18日午前、国会内

 一方、森山氏は記者団に「今後、一定の期間、政治空白が予測される。その間でもしっかりと予備費が対応できることは必要なことだ」と述べた上で、来週のできるだけ早い時期に回答するとした。