石見智翠館エース、意地の適時打 島根大会ではノーノー

[PR]

(26日、高校野球選手権大会 智弁和歌山9-1石見智翠館)

 九回、石見智翠館のエース山崎琢磨が意地の一振りを見せた。2死二塁、「まだ終わらせへん」と打席に立った。140キロ直球を引っ張って右翼線へ。適時二塁打でチーム唯一の得点をたたき出した。

 3回戦の日大山形戦では五回途中降板。強打の智弁和歌山に対し、「気持ちで負けない」と誓ってマウンドに向かった。しかし、厳しいコースを突いても力強く打ち返された。四回途中4失点で左翼へ。「しっかり打者と勝負しようと思ったけど、うまく当てられてしまった」と、相手の実力を認めた。

 島根大会決勝では無安打無得点試合を達成。甲子園では初戦の弘前学院聖愛戦で3失点完投したが、全国のレベルの高さも痛感した。「後輩たちはこの悔しさを持って毎日の練習を頑張ってほしい」