マスク着用少ない観客 報道陣には徹底も抵抗なし

有料会員記事

ボルティモア=井上翔太
[PR]

 まるで、コロナ前に戻ったかのような空気だった。

 19連敗中のオリオールズは1点を追う八回、無死満塁から押し出し四球で同点に追いついた。詰めかけた約1万6千人の観客が立ち上がって喜び、大歓声を上げていた。

 外野後方の電光掲示板も、盛り上げをあおった。

 「Get Loud(大声を出せ)」

 「Make Noise(騒げ)」

 「I can’t hear you(聞こえない)」

 チームはこの回、5点を挙げて逆転に成功した。

 九回2死の守りでは、勝利目前で観客が総立ちになり、拍手や歓声をチームに送るという大リーグではおなじみの光景も見られた。20連敗を免れ、今月2日以来、本拠では先月28日以来となる勝ち星に、選手もファンも酔いしれていた。

 新型コロナウイルスの影響で大声を出せない日本のプロ野球を取材していた立場としては、考えられない雰囲気だった。

 大リーグでは、チームごとに…

この記事は有料会員記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。