岸田氏、自民総裁選に立候補表明「国民の声聞くと示す」

自民

[PR]

 自民党岸田文雄政調会長は26日午後、東京都内で記者会見を開き、菅義偉首相(党総裁)の総裁任期満了に伴う総裁選について、「立候補することを決意した」と表明した。総裁選には、菅氏も再選への意欲を示しており、岸田氏らとの政策論争が行われる見通しだ。

 岸田氏は会見で、菅氏のコロナ対応について敬意を表しつつ、「結果として今、国民の間には政治が自分たちの声、現場の声に応えてくれない。政治に自分たちの悩み、苦しみが届いていない。さらには、政治が信頼できない。こうした切実な声が満ちあふれている」と指摘。「私は、自民党が国民の声を聞き、そして幅広い選択肢を示すことができる政党であることを示し、我が国の民主主義を守るために総裁選に立候補する」と語った。

 自民党は26日、総裁選の日程について、9月17日告示、同29日投開票とすることを正式に決定した。総裁選には、菅、岸田両氏のほか、高市早苗総務相下村博文政調会長も立候補に意欲を示している。

 岸田氏は衆院広島1区選出の当選9回。2012年に党内の伝統派閥・宏池会の会長を引き継ぎ、党政調会長や外相など政府や党内の要職を歴任した。昨秋の総裁選に立候補し、菅氏に次点で敗れている。