コロナで結婚式キャンセル、解約料の支払いどうなる?

有料会員記事新型コロナウイルス

村上友里
[PR]

 コロナ禍を理由にした結婚式のキャンセルで式場の解約料は発生するのか、しないのか――。式場側と夫婦の間で、この点を争う民事訴訟東京地裁で起きている。「キャンセルは誰のせいでもない。解約料の支払いは納得できない」とする夫婦側に対し、式場側は「一律に無償でキャンセルを認めると経営破綻(はたん)する」と訴えている。

 訴状などによると、関東地方で暮らす20代の妻と30代の夫は2020年2月、東京都内の式場での結婚式をブライダル会社に申し込んだ。式は同6月の予定で、見積金は約230万円だった。

 だが夫婦は、コロナの感染拡大で政府が同4月に初の緊急事態宣言を出したタイミングで、式の参加者に医療従事者や地方居住者がいることなどから式場側にキャンセルを申し出た。

■式場側、キャンセルは「自己…

この記事は有料会員記事です。残り919文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]