バント気配なし…肝が据わった智弁学園監督 高嶋仁の目

前・智弁和歌山監督
[PR]

(26日、高校野球選手権大会 智弁学園3-2明徳義塾)

高嶋仁の目

 智弁学園の小坂将商(まさあき)監督、最後の最後に肝が据わりましたね。

 明徳義塾に1点を勝ち越されて迎えた九回裏、先頭の垪和(はが)拓海君が左前安打で出ると、2番森田空君がバントの構えから打つバスターで中前安打を放ちました。無死一、二塁。

 3番・前川(まえがわ)右京君にも、バントの気配はありませんでした。ここは中軸を打ってきた3年生を信じて打たせたのだと思います。その迫力が、好投を続けてきた明徳義塾の2年生、吉村優聖歩(ゆうせふ)君を追い込んだのでしょう。前川君、さらに4番の山下陽輔君が連続死球となり、智弁が土壇場で追いつきました。

 こうなれば、もう流れは智弁学園です。岡島光星君のサヨナラ安打が、前進守備の二塁手後方にポトリと落ちました。

 ここまでは、完全に明徳義塾に主導権を握られていました。左横手から投げてくる吉村君に、智弁打線は翻弄(ほんろう)されました。打者というのは不思議です。150キロの直球はガンガン打てるのに、珍しい角度から変化球を投げられると、120キロ台の直球にも差し込まれてしまう。八回まで、ずっと同じ打撃内容を繰り返してしまいました。

 唯一のチャンスが四回でした。山下君の右前適時打で同点とし、なお1死二、三塁。ここは何をしてでもリードを奪わなければいけない場面でした。しかし、後続が簡単に倒れた。明徳から主導権を奪い返すには至りませんでした。

 それにしても、明徳義塾馬淵史郎監督はしぶといです。四回の先制点は1死満塁からのスクイズ。しかも、死球の直後の初球に仕掛けてきました。打力では一枚も二枚も上の智弁に対し、吉村君の先発で勝負をかけ、あと一歩というところまで追い詰めました。さすがです。

 勝負は九回3アウトまで分からない。改めて、そう痛感させられる好ゲームでした。準決勝は、智弁和歌山智弁学園が対戦せずにすみました。両校の監督をした者としては、決勝で対決してくれることを願っております。(前・智弁和歌山監督)