雇用証明書があっても拒否 アフガン退避、ドイツも混乱

有料会員記事アフガニスタン情勢

ベルリン=野島淳
[PR]

 ドイツメルケル首相は25日の連邦議会の演説で、「数日内」に退避作戦を終える可能性を示した。「アフガニスタン人を助ける努力を終えることは意味しない」とも述べ、作戦終了後も退避に向けた支援を続ける考えを示した。

 ドイツは16日以降、現地に空軍輸送機を派遣。25日夜までに、計5193人をカブールから退避させた。ただ、ドイツとの二重国籍者や軍関係の現地スタッフや家族らが数千人規模で残っているとみられている。

 タリバン側と交渉するドイツアフガニスタン大使は25日、「合法的な書類を持つアフガニスタン人には民間機で(国外に)渡航する機会が与えられることをタリバン側が保証した」とツイッターに投稿した。

 だが、空港の現場は混乱して…

この記事は有料会員記事です。残り279文字有料会員になると続きをお読みいただけます。