工藤会トップの法廷発言、弁護団が説明「脅す意図ない」

有料会員記事裁かれる工藤会

[PR]

 4件の市民襲撃事件で殺人罪などに問われ、福岡地裁で死刑を言い渡された特定危険指定暴力団工藤会北九州市)のトップで総裁の野村悟被告(74)が閉廷後に「生涯後悔するぞ」などと裁判長に発言したことについて、弁護団が26日、「報復や脅しの意図はなかった」との見解を報道機関に説明した。

 弁護団によると、野村被告は24日の判決公判の閉廷後、足立勉裁判長に向かって「推認、推認」「公正な裁判をお願いしていたのに、全然公正じゃない」「生涯後悔する」などと発言した。

 弁護団は24日夜と26日に…

この記事は有料会員記事です。残り352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら