• アピタル

簡易検査キット、幼小中に配布へ 専門家は「混乱」指摘

有料会員記事新型コロナウイルス

桑原紀彦、天野彩、宮坂麻子
[PR]

 政府は、新型コロナウイルスに感染しているかを調べる「抗原検査」の簡易キットを、新学期に入った9月上旬から全国の幼稚園と小中学校に配る方針だ。教職員や子どもの感染をいち早く見つけるのが狙いだ。専門家は、PCR検査より「偽陽性」や「偽陰性」の結果が出やすいとして、使い方に注意が必要だとする。

 政府が配布する簡易キットは計80万回分。抗原検査はウイルスのたんぱく質(抗原)と反応する抗体を用いた検査法で、鼻の奥に綿棒を入れてこすりつけ、その綿棒を浸した液体を判定用の容器に垂らすと15~30分ほどで結果が出る。

 文部科学省によると、キットによる検査の対象は原則として教職員で、場合によって小4以上の児童生徒も含める。空き教室などで教職員も子どもも自分で検査を行う。担当者は「教職員は具合が悪くとも無理をしがちなため、キットを活用してもらっていち早く診断につなげたい」と話す。

具合悪い子どもは検査?帰宅?

 文科省は、「具合が悪くなっ…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]