総裁選、菅首相支える二階派に異変「若手死んでしまう」

有料会員記事自民

楢崎貴司、野平悠一
[PR]

 自民党総裁選の日程が9月17日告示、同29日投開票で確定し、岸田文雄政調会長が立候補を表明した。党内では菅義偉首相への不満が高まっており、選挙戦の行方は見通せない。首相の無投票再選のシナリオが崩れた党執行部は、党内の動向に神経をとがらせる。

 波乱を予感させる一幕が菅政権の中核といえる二階派(47人)の会合であった。

 「聞いていない。きちんと議論して決めるべきだ」

 「国民からどう見られるか考えた方がいい」

 26日昼の二階派会合。派閥…

この記事は有料会員記事です。残り1027文字有料会員になると続きをお読みいただけます。