報酬10万円、賠償は1千万円超 「安易に関わって…」

有料会員記事

吉沢英将 赤田康和
[PR]

 映画を無断で短く編集した「ファスト映画」を公開したとして、宮城県警著作権法違反容疑で書類送検された20代の男性が、賠償金を支払うことで映画会社1社と和解したことが、関係者への取材でわかった。

 この事件で摘発された5人のうち1人。ナレーター役をつとめていた。10万円の報酬は得たというが、1千万円以上の賠償金を背負うことになった。取材に対して、事件に関与していった詳しい経緯などを振り返って明かした。

 関係者によると、映画会社と和解したのは川崎市のアルバイトの20代男性。和解は7月15日に成立した。

 男性は、ファスト映画をユー…

この記事は有料会員記事です。残り2186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。