休校後、小6長男が0点を 一人親家庭を直撃したコロナ

有料会員記事

松本千聖、岩沢志気
[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大による昨年の全国的な臨時休校は、経済的に余裕のない世帯に特に大きな影響を及ぼした。家庭環境によって生まれた学びへのアクセスの差は、1年以上が経った今も色濃く残っている。関東地方に住む3人の子どもを育てるシングルマザーの女性(51)のケースを取材した。

 女性が最近気がかりなのは、小6の長男(12)の成績だ。学校から返ってくるテストには「0点」の文字。「もともと成績はいい方ではないけど、明らかに学力が低下している」

 休校になった昨春、女性は、持病のために働けなくなったばかりだった。給食がないことで食費がかさみ、ネットで支援団体を探して物資を送ってもらった。家計のことが心配で、子どもたちの勉強をみる余裕などなかった。

 もともとあまり家で勉強をする習慣のなかった長男は、宿題のプリントを30分ほどで終えると、あとはゲームに熱中していた。

 学校が再開すると、休校の遅れを取り戻すためか、授業のスピードが上がった。長男は授業についていくのに苦労していた。

 家では、宿題を終えるとすぐにゲームを始め、寝るまで離さない。

 「依存症みたいになってるよ」

 女性が声をかけても耳を貸さ…

この記事は有料会員記事です。残り912文字有料会員になると続きをお読みいただけます。