関東大震災の記録映画をウェブ公開 国立映画アーカイブ

有料会員記事

佐藤美鈴
[PR]

 記録映画を通して巨大災害についての知識や関心を高めてもらおうと、国立映画アーカイブと国立情報学研究所(いずれも東京)は1日、ウェブサイト「関東大震災映像デジタルアーカイブ」を開設し、震災後の東京や横浜を映した記録映画「関東大震大火実況(かんとうたいしんたいかじっきょう)」を公開した。発生から100年となる2023年9月1日までに、関東大震災関連の映画約20作品を公開する予定という。

 「関東大震大火実況」は震災が起きた1923(大正12)年に当時の文部省が製作・配給した白黒サイレントの64分の映画。記録映画撮影の先駆者と言われる白井茂さんの撮影によって、被災地の惨状や、官民あげての救護活動、壊れた建物の再建など、復興への歩みが記録されている。

 映画はこれまでも震災や復興に関する講演会に合わせて全国各地で上映されてきたが、ウェブでの全編公開は今回が初めて。サイトでは「火災」「避難」「復旧」といったシーンや撮影場所ごとに検索、閲覧もでき、切り出された映像とともに、それぞれ撮影の情報や解説が記されている。

 国立映画アーカイブの特定研…

この記事は有料会員記事です。残り345文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら