カブール空港付近で爆発、ISの自爆テロか 米兵ら死傷

有料会員記事アフガニスタン情勢

ワシントン=園田耕司
[PR]

 アフガニスタンの首都カブールの国際空港近くで26日に爆発があった。米中央軍によると、米軍兵士13人が死亡し、18人が負傷した。米軍などはイスラム主義勢力タリバンと敵対する過激派組織「イスラム国」(IS)戦闘員による自爆テロとみている。アフガニスタンの保健省の当局者は米CNNの取材に対し、少なくとも市民ら60人が死亡し、140人が負傷したと語った。

 26日にオンラインの記者会見をした米中央軍のケネス・マッケンジー司令官によると、自爆テロが起きて米軍兵士が死傷したのは、空港出入り口の「アビーゲート」と呼ばれる通用門。米軍兵士が国外脱出を希望して空港にやってきたアフガニスタン人らに対し、武器や爆弾などを所持していないかチェックを行っていた。自爆テロ後、複数のIS戦闘員が市民や米軍兵士に向けて発砲したという。

 アビーゲートのほかに、空港近くのバロンホテル付近でも自爆テロがあり、アフガン人の死傷者が出ているという。

「我々は行動を起こす用意がある」 報復攻撃を検討か

 マッケンジー氏は会見で、「…

この記事は有料会員記事です。残り701文字有料会員になると続きをお読みいただけます。