児童虐待、過去最多の20万件 前年度より5.8%増

有料会員記事

久永隆一
[PR]

 18歳未満の子どもへの児童虐待は、30年連続で増え続け、2020年度は過去最多の20万5029件になった。20万件を超えたのは初めて。前年度より5・8%(1万1249件)多くなった。厚生労働省が27日、全国の児童相談所(児相)が相談対応した件数を公表した。

 件数が増えているのは、相談経路の50・5%を占める「警察等」からの連絡が増えていることが大きい。通報で駆けつけた警察官が、夫婦間の暴力が子どもの前で行われる「面前DV」を心理的虐待と判断して児相に連絡するケースが目立つという。

 相談の経路はこのほか、「近隣・知人」の13・5%、「家族・親戚」の8・2%と続いた。「学校」が6・7%と前年度から0・5ポイント減っており、厚労省は「新型コロナウイルスの感染拡大による休校が影響した可能性がある」としており、虐待の見落としが懸念される。

 虐待のタイプ別では「心理的虐待」が12万1325件(59・2%)で最も多かった。「身体的虐待」が5万33件(24・4%)で続き、「ネグレクト」(育児放棄)が3万1420件(15・3%)だった。

 新型コロナウイルスの感染拡大による自粛で、親と子どもが自宅で過ごす時間が長くなり、児童虐待の増加を懸念する声もあったが、前年度比の増加幅は18年度(19・5%増)、19年度(21・2%)を下回った。また、20年度の月別の件数では、最初の緊急事態宣言が出た4月が前年同月より13%増えた一方、宣言が解除されていた6月も前年水準を17%上回った。厚労省は「感染状況との関連性はみられない」(担当者)と分析する。

児童虐待で亡くなった78人の検証結果も

 同省は同時に、19年度に児…

この記事は有料会員記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。