「なんで打てるの?」 稲葉監督の問いに、大谷の答えは

有料会員記事

ボルティモア=井上翔太
[PR]

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が26日(日本時間27日)、7試合ぶりとなる本塁打を放った。全30球団の中で唯一、本塁打数を40台に乗せ、同日時点で2位のゲレロ(ブルージェイズ)とは5本差をつけた。

 なぜ、こうも本塁打を放てるのか。日本ハム時代のチームメートで、東京オリンピック(五輪)で金メダルを獲得した日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は、直接本人に尋ねたことがあるという。

 海外の投手を攻略することは、国際大会を勝ち抜く上で欠かせない。ましてや米国(世界ランキング4位)は、日本(同1位)のライバルと目され、東京五輪決勝の舞台でも、金メダルを争った。

 「アメリカのピッチャー、なんで打てるの?」。稲葉監督の問いに対し、大谷の答えはシンプルだった。

 「僕は、『どう打つ』ではな…

この記事は有料会員記事です。残り513文字有料会員になると続きをお読みいただけます。