空港テロに注目すべき伏線 タリバンが示した遺体写真

有料会員記事アフガニスタン情勢

バンコク=乗京真知
[PR]

 イスラム主義勢力タリバンが政権を崩壊させ、権力を掌握したアフガニスタンで起きた爆破テロ事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)の支部組織が犯行を認めた。自爆テロとみられる。

 IS支部は、なぜこのタイミングでテロを起こしたのか。そもそも、IS支部がアフガニスタンにいる理由は何なのか。背景を読み解く。

 事件発生は26日午後。首都カブールにある空港近くで、大きな爆発が2回起きた。

 「予兆」はあった。

 「カブール郊外のサラビ地区で自爆犯を捕まえた」。タリバンの40代の中堅幹部は25日、朝日新聞の電話取材に、IS戦闘員とみられる男を拘束したと語っていた。自爆犯とみられ、乗っていた車には爆発物が積んであったという。

 中堅幹部は「標的が米軍だったのか、我々(タリバン)だったのかははっきりしていない」と話し、こう付け加えた。「気がかりなのは、この自爆犯だけでなく、ISとつながりのある男たちが、ここ数日、相次いでカブール市内で見つかっているということだ」

 「IS襲来」の情報は、米国もつかんでいた。カブールの米大使館は同日、ISがテロを起こす恐れがあるとして、米国民に「空港のゲートには近づかないように」との脅威情報をSNSなどで発していた。

IS支部がアフガンにいる理由はなにか。記事後半では、タリバン構成員が朝日新聞に送ってきた写真の意味とその背景を読み解きます。

 注目すべき「伏線」もあった…

この記事は有料会員記事です。残り1482文字有料会員になると続きをお読みいただけます。