読売新聞記者が他社記者に情報漏洩 不適切な関係も迫る

[PR]

 読売新聞社は、東京本社社会部の男性記者(32)が取材で得られた情報を週刊誌などの女性記者2人に漏らしていたと、27日付朝刊で明らかにした。読売新聞グループ本社広報部によると、今後、処分を検討する。

 記者は司法記者クラブに所属していた昨年8、9月、検事総長秘書官によるセクハラ疑惑をめぐって取材で得た情報を週刊誌の女性記者に漏らした。同年10月には、東京地検が起訴した殺人事件の被告に関する発表資料をSNSで送った。いずれも、関連する記事が週刊誌に掲載された。

 記者はこの女性記者と昨年7月以降、複数回飲食し、不適切な関係を迫っていた。記者は「女性記者によく思われたかった」と話しているという。

 また、テレビ局の女性記者にも東京地検の捜査着手などの取材情報を漏らしたと説明しているといい、動機を含めて調査を続けるという。

 情報漏洩(ろうえい)は外部からの指摘で発覚。記者は現在、取材活動を含む業務から外れている。

 同社は、報道目的で得た情報をそれ以外に使うことを禁じた同社の記者行動規範に反すると判断。「取材先の信頼を裏切って報道機関の信用を損ねたことをおわびします。調査を尽くして厳正に処分します」とコメントしている。