爆発音で消えた17歳弟 空港ゲート、重なる遺体の中に

有料会員記事アフガニスタン情勢

バンコク=乗京真知
[PR]

 「爆発の後、意識が戻って周りを見回すと、遺体が折り重なっていました。その中に弟がいたのです」

 アフガニスタンの首都カブールにある国際空港付近で、26日に起きた爆破テロ事件。現場に居合わせた男性らが、爆発に見舞われた瞬間を、朝日新聞に証言した。

 東部パクティア州出身の男性アナルグルさん(19)は、数日前から弟ナザルグルさん(17)とカブールの空港に来ていた。国外脱出を願い、空港のゲートを目指した。だが群衆にもまれ、ゲートにたどり着けなかった。

 アナルグルさんは弟に「ここは諦めて、違うゲートを試そう」と声を掛け、その場を離れた。弟は5メートルほど後ろを付いてきた。

 その瞬間、爆発が起き、気絶…

この記事は有料会員記事です。残り461文字有料会員になると続きをお読みいただけます。