首相支持?それとも…会見で聞かれた閣僚、対応わかれる

自民

[PR]

 菅義偉首相自民党総裁任期満了に伴う総裁選(9月29日投開票)をめぐり、閣内でも記者会見での対応がわかれている。首相支持を打ち出す閣僚、言葉を濁す閣僚――。首相の対抗軸として総裁選への出馬を模索する動きが活発化しており、閣僚といえども表立った支持表明は避けたいとの思惑もありそうだ。

 「(首相支持は)もちろん。総理には『降ろすなら降ろせ』と、不退転の決意で挑んでいただきたい」

 小泉進次郎環境相(無派閥)は27日の会見で、総裁選での首相支持を明言した。首相と小泉氏は選挙地盤が同じ神奈川県内で、懇意な関係にある。すでに首相支持を決めている石原派の坂本哲志地方創生相も「再選していただきたい」とエールを送った。

 慎重な言い回しに終始する閣僚も目立った。正式に出馬表明している岸田文雄政調会長率いる岸田派平井卓也デジタル改革相は「議員個人の考え方を話す場ではないと思う。どうかお許しいただきたい」とさえぎった。出馬に意欲を示す下村博文政調会長が属する細田派の丸川珠代五輪相も「政府の中の立場。発言は控えさせていただく」と言及を避けた。

 麻生派を率いる麻生太郎副総理兼財務相。自身は首相支持の構えを崩していないが、派内では反発の動きもある。総裁選の対応を問われた麻生氏は「財務省の政策に関する会見で、今のような質問に答えることはない。(前も)同じように答えたと思うので学習してください」と突き放した。