「模範解答ない中で全力」 コロナ対応の問いに首相回答

有料会員記事新型コロナウイルス

岩尾真宏
[PR]

 新型コロナウイルスへの対応をめぐり、菅義偉首相は27日、内閣記者会加盟社からの書面による質問に回答した。「医療崩壊を招き、国民の信頼を失ったことへの反省」を聞いた質問に、「新型コロナは未知のウイルスであり、模範解答もない中で、対策に全力を傾けてきた」などと答えた。25日の記者会見で指名されなかった各社の質問に回答した。

 この回答は東京新聞へのもの。自宅療養者が亡くなるケースが相次いでいることなどに触れ「様々な事態を想定して戦略を立てて備えるべきだったのに、ワクチン接種だけに力を入れてきたように見える」などと聞いた。首相は「日夜、全国の状況の報告を受け、専門家の分析や意見も聴きながら、『国民の命と健康を守る』ということを胸に、コロナ対策に全力を傾けてきた」などと回答した。

 「コロナ対策はワクチン接種…

この記事は有料会員記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]