地雷探す犬にネズミ、スゴ技に熱視線 カンボジアが世界の対策リード

有料会員記事

ハノイ=宋光祐
[PR]

 半世紀近くにわたって地雷の被害に苦しんできたカンボジアが、他国の地雷除去を支援している。動物や重機を使って効率的に地雷を取り除くノウハウを積み重ね、今や世界の地雷対策をリードする存在だ。(ハノイ=宋光祐)

被害国が培ってきたノウハウ

 今年2月、1匹の犬がカンボジアから南スーダンへ飛び立った。マリノアと呼ばれる牧羊犬種の2歳のメスで、クメール語で「いい匂い」という意味の「クンティア」と名付けられている。カンボジア人女性に一般的な名前で「やさしくて美しい女性」をイメージする人が多いという。

 カンボジア生まれのクンティアがインド洋を越えて8千キロ離れたアフリカの国へ渡ったのは、地雷を探知する能力があるからだ。

 鋭い嗅覚(きゅうかく)で爆…

この記事は有料会員記事です。残り2418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。