車いすラグビー、前回王者の豪州破る 全勝して決勝Tへ

藤野隆晃
[PR]

車いすラグビー

 日本は前回優勝のオーストラリアを57―53で下し、1次リーグ3戦全勝。1位で決勝トーナメント進出を決めた。28日の準決勝に挑む。

 試合開始早々に見せ場を作った。最初の守備の場面で自陣ゴール前に壁を作り、すり抜けるスペースを与えない。相手はやむなくタイムアウト。オアー監督は「プラン通りだった」と振り返る。敵陣深くでも圧力をかけた。第2ピリオドでは、長谷川勇基と池崎大輔が相手の中心選手、ライリー・バットを挟んでミスを誘い、そのまま得点。チームを勢いづけた。

 互いに手の内を知る相手だった。2018年のオーストラリアでの世界選手権決勝では、日本が勝って初優勝。19年の国内開催の「車いすラグビーワールドチャレンジ」の準決勝では、日本が競り負けた。この日の勝利を受け、羽賀理之は「この試合に勝てたことは勢いになる。ただ、浮かれずに次の試合も勝ちきることが大事」と気を引き締めた。藤野隆晃