マツダ、2工場の操業再開へ 中国からの部品調達にめど

松田史朗
[PR]

 マツダは27日、停止中の本社工場(広島市)と防府工場(山口県防府市)の操業を9月1日朝から再開すると発表した。中国・上海浦東国際空港の職員が新型コロナウイルスに感染した影響で、現地から自動車部品を運ぶ貨物便が運休となったため、23日夜から操業を停止していた。上海便はまだ正常化していないが、中国から別ルートで部品を空輸できるめどがたったため、再開を決めたという。(松田史朗)