• アピタル

朝から殺到を都は「想定外」 読み違えと若者の切実な声

有料会員記事新型コロナウイルス

池上桃子 小林直子、山口啓太
[PR]

 東京都は27日、渋谷区に設けた会場で若年層を対象に新型コロナウイルスワクチンの接種を始めた。予約が不要だったためか、希望者が殺到。午前7時半には受け付け終了をツイッターで告知する事態に。「想定外」とした都は、28日から抽選の上、対象者を約300人に増やして接種するとしている。

 会場は渋谷区立勤労福祉会館で、米ファイザー社製を使う。10~30代が1日あたりの感染者数のおおむね6割を占める現状から、対象を16~39歳の都内在住か在勤・在学者に。予約なしに手軽に接種してもらうのがねらいで、1日200人程度を見込んでいた。

 ところが午前7時半ごろ、会場周辺にはすでに約300人が列をなした。都は整理券を増やして配布し、約4時間半前倒しして受け付けを終了。約300人に接種した。担当者は「想定外の人数。若い人は接種の意向が低いと聞いていたので、ここまで殺到することはないと思っていた」。

 28日からは午前9~10時半に会場を訪れた希望者に抽選券を配り、LINE(ライン)とツイッターで当選者を知らせる方法に変更する。1回目の接種は9月16日まで。

午前2時に列、午前4時にタクシー、都はなぜ読み違えた

 小池百合子知事は27日の会…

この記事は有料会員記事です。残り1673文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]