パラ選手と接触事故、車開発のトヨタ社長「申し訳ない」

[PR]

 東京パラリンピック選手村で26日、柔道(視覚障害)男子81キロ級の北薗(きたぞの)新光選手(30)とトヨタ自動車が開発した自動運転車「eパレット」が接触する事故が起きた。これを受けて、トヨタ自動車豊田章男社長は27日夜、自社メディア「トヨタイムズ」の配信番組に出演し「多くの方にご心配をおかけし、申し訳ない」と陳謝した。その後、報道陣の取材に応じた。

 豊田社長によると、事故は選手村内のT字路をeパレットが右折した際に発生。横断歩道でいったん停止した後、オペレーターが手動操作で発進した直後に、歩行中の北薗選手と接触したとみられるという。

 豊田社長は事故時の状況について「車内からは(歩行者が)死角だった」と説明。その上で、事故の要因については「パラリンピックの会場で、目が見えないことや耳が聞こえないことへの想像力を働かせられなかった」と述べた。

 事故後、選手村でeパレットの運行は取りやめている。トヨタはeパレットが走行中に出す接近音の音量を大きくするなどの再発防止策を検討しているが、豊田社長は「我々が絶対安全だといえる立場ではない」と述べ、運行再開には慎重な姿勢を示した。