「すごい集中力」警察犬オッシー号、足跡追及で全国優勝

渡部耕平
[PR]

 全日本嘱託警察犬競技大会で優勝した青森県警嘱託警察犬「オッシー・フォム・ツヴァイシュテルン号」(4歳、メス)が26日、飼い主で指導手の木村輝子さん(49)とともに五所川原市役所を訪れ、佐々木孝昌市長に優勝を「報告」した。

 大会は長野県で7月に開かれ、オッシー号は「足跡追及の部」に出場。119頭の中で日本一になった。人が曲がり角の多いコースを200~300歩あるいたあと、30分後ににおいをかぎながら追い、速さと正確さを競った。オッシー号はすばやく後を追い、迷わず足跡をたどったという。

 木村さんは「すごい集中力を出していました。これからも鼻を生かして、捜査や捜索に貢献できればいいですね」。佐々木市長は「災害時の人命救助にも役立つと思う。地域にとって頼もしい存在です」と今後の活躍に期待を寄せた。(渡部耕平)