アフガンから日本人1人が退避 現地スタッフら含まれず

有料会員記事アフガニスタン情勢

松山尚幹、成沢解語
[PR]

 外務・防衛両省は27日、アフガニスタンにいる日本人や日本大使館の外国人スタッフらの退避をめぐり、自衛隊の輸送機で日本人を近隣国に運んだと発表した。政府関係者によると、退避者は1人で退避先は拠点としたパキスタンの首都イスラマバード。アフガニスタン人は運べなかった。自衛隊機による移送は同日で終わりになる見込みだ。

 共同通信のニュースサイトによると、退避したのは現地で事業を営みながら共同通信カブール通信員を務める安井浩美さん(57)。

 両省は記者団への説明を行ったが、退避した人数や所属先、アフガニスタンの首都カブールの国際空港までの退避方法、退避希望者の数や現状などについて、「退避の努力の継続中」として、明らかにしなかった。現地に残った退避希望者の出国は今後、イスラマバードから米国などと協力して支援するという。

 政府は移送対象として、国際機関で働く日本人のほか、大使館や国際協力機構(JICA)の現地スタッフらとその家族を想定。約500人規模とみており、カブールとイスラマバードの間をピストン輸送する計画だった。だが、イスラム主義勢力タリバンがカブール市内に検問所を設けており、日本人以外は通過できなかった可能性がある。

 空港周辺は国外退避を求める…

この記事は有料会員記事です。残り172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。