天神からわずか11分世界有数のよかアクセス 福岡空港

有料会員記事

文・山田佳奈、写真・金子淳
[PR]

 地下からひょっこり足を踏み入れると、さーっと光が差し込む明るい空間。見上げているとどこかに飛び立って行けそうな――。

 市街地からの近さは国内、いや世界有数だろう。九州一の繁華街・天神からは、地下鉄なら11分ほどだ。

 地下鉄を降りると国内線ターミナルビルのアクセスホールに着く。4階まで吹き抜けの天井から光が差し込み、ワクワクする。4階には広々とした展望デッキがあり、目の前を飛行機が滑走路へ向かっていく様子が眺められる。日没には床に埋め込まれた685個のイルミネーションが輝き、滑走路に並ぶライトと相まって幻想的な雰囲気に。空港を運営する福岡国際空港の広報、榎田弘美さん(49)は「朝は朝、夜は夜の景色を楽しめます」と話す。

 福岡空港の発着回数は2009年度には年間13万7千回に達し、過密化が課題だった。混雑解消のため、15年から国が誘導路の複線化工事を始め、それに伴いターミナルビルも建て替えや改修をしてきた。昨夏、改修工事が終わり、新しく生まれ変わった。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 「児童画コンクールでは、空…

この記事は有料会員記事です。残り853文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら