硫酸事件、手配の男を傷害容疑で逮捕 沖縄で身柄確保

[PR]

 東京都港区東京メトロ白金高輪駅で24日夜、男性が硫酸とみられる液体をかけられて大やけどを負った事件で、警視庁は28日午前、傷害容疑で公開指名手配していた静岡市葵区の職業不詳花森弘卓容疑者(25)を沖縄県内で発見し、逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。認否については留保しているという。

 花森容疑者は24日午後9時ごろ、駅の改札から地上出口に上がるエスカレーター付近で会社員の男性(22)に液体をかけ、顔や肩、首などに重度のやけどを負わせたほか、両目の角膜を損傷させた疑いがある。後ろから近づき、追い抜きざまに小瓶に入れた液体をかけて地上に逃げたという。近くにいた女性(34)も足にけがを負った。使われた液体は簡易鑑定で硫酸と判明した。

 捜査関係者によると、防犯カメラの映像の分析などから、花森容疑者は24日に静岡から東京に向かい、男性の職場周辺でしばらく待機していたとみられる。帰宅する男性を職場の最寄り駅から尾行して事件を起こし、直後に新幹線で静岡市の自宅に戻った可能性が高いという。

 花森容疑者は沖縄県内の大学出身で、男性は大学のサークルの後輩だった。警視庁は、花森容疑者が何らかの理由で男性を恨んでいたとみて調べている。