盲ろうのランナーが聖火をつないだ10分間 葛藤と願い

有料会員記事

佐藤啓介
[PR]

 新型コロナの感染拡大が収まらない中、開幕した東京パラリンピック。それに先駆けて行われた聖火の点火セレモニー(東京会場)にある盲ろうの女性が参加し、大きな挑戦に臨んだ。「穏やかな日常が戻り、盲ろう者が社会参加できる時代が来るように」。葛藤を抱きながら、およそ10分間、静寂の中で自らに託された聖火に思いを込めた。

写真・図版
聖火をともしたトーチを手に、一人で歩く高橋和代さん=関係者提供

 聖火リレーは公道走行ではなく、トーチキスの方式に変わり、開幕前日の8月23日は世田谷区の砧(きぬた)公園の広場で開催された。各自治体から選ばれたランナーたちが50メートルほどの距離を隔てて向かい合う。自分のトーチに火を受け継ぐと、関係者に見守られながらゆっくり道を進み、次のランナーのトーチへとつなぐ。そうやって聖火は広場内を何度も往復した。

 神奈川県平塚市の高橋和代さん(56)の出番は午後3時前にやってきた。目と耳の両方が不自由な盲ろう者だが、「一人」で歩いて聖火をつなぐことに挑んだ。

 盲ろう者が移動をする時は通常白杖(はくじょう)を持ち、介助者が横について歩く。他者とのコミュニケーションは、相手の両手に自分の手を乗せて指同士を触れあわせる「指点字」などの方法で行っている。

 高橋さんが一人で歩くことを可能にしたのは、この「指点字」の仕組みを応用したウェアラブル端末だ。手の指先に装着した電子機器を通じて、振動によって文字情報を送りあう。介助者と遠隔でコミュニケーションをとることができる。

写真・図版
「ウェアラブル指点字ツール」は、盲ろう者の伝達手段である「指点字」に対応し、両手の人さし指、中指、薬指にそれぞれ取り付けた機器を振動させることで情報をやりとりする=米山さん提供

 聖火リレー当日。この道具を開発した一般社団法人ハートウエアラボ(東京)の米山爾(ちかし)さんが見守る中、高橋さんはトーチを大切に掲げ、歩き始めた。

 芝生と聞いていた会場の道は…

この記事は有料会員記事です。残り1840文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら