世界女王になった中西麻耶、4度目のパラもメダル届かず

松本龍三郎
[PR]

陸上 女子走り幅跳び(義足・機能障害T64)

 「今まで戦ってきたパラリンピックで一番苦しい大会になった」。陸上女子走り幅跳び(義足・機能障害T64)の中西麻耶にとって4度目の挑戦は6位。メダルは遠かった。

 前回リオデジャネイロ大会は4位入賞。2年前の世界選手権で初優勝し、「世界女王」の称号を持って臨んだ舞台だった。

 ライバルたちが次々と5メートル後半に届くなか、なかなか調子が上がらない。6位で迎えた最終試技は一般客のいない会場に手拍子を求めた。踏み切り板のぎりぎりを攻めたが、ファウル。立ち上がると一礼し、スタンドに手を振った。

 コロナ禍のなかで地元大分から関西へ拠点を移し、男子走り幅跳びで日本選手権優勝経験がある荒川大輔さんの指導を受けてきた。公園や河川敷を活用した練習で確実に走力は増した。ただ、この日は「スプリント力は上がっても、跳躍につなげられなかった」。

 これで一つの挑戦は終わったが、アスリートとしての道は続く。「大分の競技場に帰って、もう一度、楽しんでみんなと練習をしたい」。吹っ切れたような笑顔で言った。(松本龍三郎)