自民岸田氏、地元で「党改革」主張 二階派幹部は不快感

自民

[PR]

 自民党岸田文雄政調会長は28日、任期満了に伴う党総裁選への立候補を表明してから初めて地元・広島入りし、党広島県連の幹部らに報告した。会合後記者団に、総裁を除く党役員の任期を「1期1年、3期まで」とする自らの党改革案について、「(自民党が)国民の信頼を回復するためには、自らが変わらなければいけない。改革をしっかり進めたい」と語った。

 岸田氏はこの日、広島市内のホテルで県連の会合などに出席。その後記者団の取材に応じ、「人事において、中堅・若手もしっかり登用しなければいけない。新陳代謝ができる政党であるということを示さなければいけない」と述べ、改革の必要性を訴えた。党内の反応については「私に直接言ってこられる方は肯定的におっしゃる方が圧倒的に多い」と述べた。

 岸田氏の党改革案は、二階俊博幹事長ら一部の党執行部の続投を事実上否定しており、二階派の幹部は不快感を示している。また、菅氏に近い佐藤勉総務会長も、「いかがなものか」と疑問を呈している。