北海道で457人感染 接待飲食店などでクラスター8件

[PR]

 北海道内では28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに457人確認された。このうち札幌市では274人(居住地非公表69人を含む)が確認された。道内で確認された死者は2人だった。

 新たなクラスター(感染者集団)は8件。札幌市内では、飲食店で従業員9人、運送会社で8人、ススキノ地区の接待を伴う飲食店で従業員9人が感染。

 滝川西高校で生徒5人、遠軽町内の飲食店で利用客ら7人、オホーツク総合振興局管内に出張中だった道内の事業所の従業員5人、旭川市の接待を伴う飲食店で利用客と従業員計6人、同市の別の接待を伴う飲食店で7人が感染した。

 旭川市保健所は6人が感染した接待を伴う飲食店について、利用客の特定ができていないとして店名を公表した。店名は「バニーガール」「ビーチガール」。2店は系列店で従業員が行き来しており、1件のクラスターとして扱う。市保健所は「15~21日に店を利用し、体調に不安のある人は連絡を」と呼びかけている。