硫酸事件の花森容疑者、警察官に「スナガワです」名乗る

[PR]

 東京都港区東京メトロ白金高輪駅で24日、男性が硫酸とみられる液体をかけられて大やけどを負った事件で、警視庁は28日、静岡市葵区二番町の大学生花森弘卓(ひろたか)容疑者(25)を傷害容疑で逮捕し、発表した。27日に公開指名手配し、28日朝に沖縄県で発見した。友人宅に潜伏していたとみられる。認否を留保し、「今は話したくありません」などと供述しているという。

 捜査1課によると、花森容疑者は24日午後9時ごろ、駅の改札から地上出口に上がるエスカレーター付近で男性会社員(22)に硫酸とみられる液体をかけ、顔や肩、首などに重度のやけどを負わせたほか、両目の角膜を損傷させた疑いがある。後ろから近づき、追い抜きざまに小瓶に入れた液体をかけたとみられ、近くにいた女性(34)も足にけがを負った。花森容疑者の自宅から硫酸は見つかっておらず、入手経路は不明だという。

 捜査関係者によると、花森容疑者と男性は面識があった。花森容疑者が過去に通っていた琉球大学(沖縄県)のサークルで、男性の先輩だったという。警視庁は、花森容疑者が何らかの理由で男性を恨んでいたとみて調べている。

 防犯カメラの映像などから、花森容疑者は24日に静岡市から上京し、職場から帰宅する男性の後を付けて事件を起こしたとみられる。事件後は新幹線静岡市に戻り、25日に愛知県から空路で沖縄県に移動したと警視庁はみている。沖縄県警の警察官が宜野湾署管内の路上で見つけた。当初は「スナガワです」と名乗ったという。