横須賀の米空母中東へ→別艦寄港し不在解消 中国牽制か

佐々木康之
[PR]

 米海軍原子力空母カール・ビンソン(乗組員4871人)が28日、神奈川県横須賀市横須賀基地に寄港した。同基地を拠点とする空母ロナルド・レーガンアフガニスタン情勢を受けて中東方面へ展開しており、西太平洋での米空母不在を解消し、同海域への進出を強める中国海軍を牽制(けんせい)するため派遣されたとみられる。

 レーガンは5月19日に同基地を出港。6月下旬、アフガニスタンに駐留する米軍の撤退支援に赴き、今もパキスタン沖のアラビア海に展開している。

 一方、カール・ビンソンは8月2日に米西岸のサンディエゴ基地を離れ、横須賀基地へ向かっていた。米海軍は26日、「自由で開かれたインド太平洋を支援する即応戦力として展開した」との声明を出し、最新の戦闘機や海軍型オスプレイを艦載した「高度な能力を携えての初の展開」とも強調。艦載機とみられるオスプレイの飛来も同日、厚木基地周辺で確認されていた。

 横須賀基地には9月、随伴の8隻とともに西太平洋に展開している英海軍の空母クイーン・エリザベス(QE)の寄港も予定されている。これに先だつ8月21日には、英補給艦フォート・ビクトリアが横須賀港海上自衛隊基地に寄港。その後の25、26日には、QE空母打撃群の英米、オランダ艦艇5隻と海自の2隻が沖縄南方で訓練を実施するなど、中国を意識した行動が活発になっている。(佐々木康之)