中国軍が東シナ海で海空の統合訓練 日米などに反発か

北京=林望
[PR]

 中国軍の東部戦区は28日、東シナ海で27日に艦艇と戦闘機、爆撃戦闘機による海空の統合訓練を行ったと発表した。具体的な地点は明らかにしていないが、日米英とオランダによる共同訓練や米軍艦が台湾海峡を通過したことなどを牽制(けんせい)する狙いとみられる。

 東部戦区は「一体的な統合作戦能力の向上が目的」とし、「周辺情勢や国家主権防衛のニーズに基づき(こうした訓練を)常に行っていく」とした。

 沖縄南方で今月、英空母「クイーン・エリザベス」が参加して日米英とオランダによる共同訓練が行われたことや、27日に米のミサイル駆逐艦などが台湾海峡を通過したことなどに対抗する狙いとみられる。

 中国国防省報道官は28日、米軍艦の台湾海峡通過に「断固たる反対と強烈な抗議」を示す談話を発表し、「中国軍は高度の警戒を緩めず、国家主権と領土を断固守る」と強調した。(北京=林望)